ヨルガタムヒラ

かゆみと戦うアラフォームヒラーの私が、日々の出来事をつづる場所

転院することにしました & 占い

 

前回の記事で移植へ向けてと書きましたが、化学流産に終わりました。

 

家に帰って、ふと思い立って大掃除して、気分がスッキリしたら

突然 「転院してみよっかな」と思いました。

気持ちと環境と、新たに切り替えてみるのも良いかなーと。

そして担当の先生に相談して紹介状を書いて頂きました。

 

先生は丁寧に、これまでの全ての治療の経過を書いてくださいました。

「良い結果が出るとイイネ」と応援の言葉もくださいました。

何かあれば相談にも乗るし、戻ってきても良いと言ってくれました。

心強いです。感謝します(T^T)

 

先生は少しぶっきらぼうで、意見がぶつかることがあったので

言い合いになったこともありましたが、真面目な良い先生です。

 

 

全然話は変わりますが、フラッと立ち寄った某お店の店長さんが

趣味?というか本格的なタロット占いが出来ると言うことで

「占ってあげましょうか?」と言われ、何か悩みはありますか?

と聞かれたので、生年月日と名前と「いま不妊治療してる」と話すと

 

「いま切り替えの時期だから何か始めるなら今が良い」と言われたので

「病院を変えることにしたんです」と言うと

「それは凄く良いタイミング。前の病院では先生とうまくいかず傷付いたこともあると思うし、そういうストレスは排除した方が良い」と言われた。

ハートに矢がグサグサ刺さったカードが出ていた(^_^;)

 

あと何かクイーン?のカードが出てて、母性が上がってるから良い傾向。

このまま思った通りに進んで良いとのこと(^O^)

 

この夏は色々大変なことがあると思うけど、秋から来年1月にかけて

家族にとって何か良いことがあると思うって言われました♪

それと旦那に関して「旦那さんは子供は欲しいけど、今の二人の生活に不満はない。夫婦円満と出てますよー」

と言われて旦那に伝えたら喜んでました(^_^)

 

私は占いとか特に信じてないのですが、良いことを言われれば気分は良いですね!

 

とりあえず、新たな病院で心機一転頑張ってみます(-o-)/

 

 

 

更新サボってました

 

すーーんごいサボってました(´ω`)

2015年6月20日が最後の更新と言うことは

精子の質を改善。そして人工授精へステップアップ - ヨルガタムヒラ

約2年…。 何もかもうまくいかず、なんか更新とかおっくうで、

コレと言って良い報告もないし、わざわざ暗い内容書くのも面倒で。。

 

ブログの編集を見たら『次のタイミングへ向けて』と書きかけて放置したまま2年経過しそうな記事が(O_O)

 

この2年の間に43才になってしまいました(´・ω・`)

人工授精からステップアップして体外受精も4回しました。

特定不妊治療助成金も三回使わせて頂きました(ありがたやー)

それでもはみ出した分は夫の確定申告の医療費控除に入れさせてもらいました。

なんせ不妊治療はお金がかかるかかる。。。

 

今住んでる部屋は今年の夏で引っ越して3年になりますが、最初の妊娠が発覚してから広いところへ!と意気込んだモノの稽留流産してしまい、赤ちゃん用に買ったタンスも空っぽのままで虚しいです(>_<)

稽留流産の手術をしました。 - ヨルガタムヒラ

ブログをサボっている間に5度の採卵と4度の移植をしました。

1回目、2回目は陰性でしたが3回目妊娠し、

心拍の確認するところまで行き泣いて喜んだのですが、結局ダメでした。

妊娠が分かり心拍がピコピコ動いてるところを見て感動し、

夫のお母さんに電話すると泣いて喜んでくれたのに、本当に申し訳ないです。

4度目は妊娠反応はあったものの化学流産でした。

 

現在は5度目の移植に向けて体調を整えている段階です。

いまは高齢出産も珍しくなく、芸能人の方々も30代後半とか40過ぎで産んだりしてますね。

最近では女優の加藤貴子さんが46才で第二子を妊娠されましたね。

最初のお子様も確か40過ぎてからだったと記憶しています。

 

私のような知識の浅い一般人は『今の医学なら高齢でも簡単に産めるのかー』などと楽観視してしまい、なら私も遅くてもいいやー、などと勘違いし、このざまです。

 

実際は高齢出産した芸能人の方々も簡単にそこへ至ったわけでは無いと思います。

若くてもなかなか妊娠できなかった川崎のんちゃん&アレク夫妻のようなケースもあるし。(お二人は治療を乗り越え妊娠を発表されましたね)

ブログとか見ないで芸能ニュースだけ見てる人は

有名な女優さんたちが40近くで出産されているのを聞いて

『高齢出産=ふつうの事』になってしまう気がします。

そうなると私のような人間が増えてしまいます。

結婚して子供が欲しいと思ったら迷わず妊活して欲しいと思います。

 

私の場合36才くらいで子供欲しいね、と夫婦で話すようになり

38才で待望の妊娠、そして完全流産。

その後また自然妊娠し、ブログにも書いた稽留流産から不妊治療へとなるわけですが

 

不妊治療は真っ暗なトンネル。

ゴールの見えないマラソン。

息継ぎの出来ない水泳。

 

とにかく不安で息苦しくジタバタしている状態です。

 

 

 

100回体外受精しても妊娠できない人もいれば、最初の人工授精で妊娠できる人もいる。

100回はオーバーだけど、とにかく何回チャレンジすればって話じゃないので

諦め時もわからないし、意地にもなるし、引っ込み付かないし、、、、。

 

予算を決めるとか、年齢で区切るとかしないと抜け出せないトンネルです。

うちは旦那が45までは頑張りたいと言っているので、それまでは挑戦したいです。

 

子供が好きで、子供が欲しいのに、最近はひがみ、ねたみ、うらやみ、

そんな嫌な気持ちで他人の子供を見るのが苦しくなってきた。

親戚や友人の子供の成長も嬉しいけど自分が惨めにも思える。

芸能人や知人のおめでたのお知らせやニュースも、おめでとうと言いながら

心の底では『先を越された』などと妬んだり心から素直に祝福できない自分がいる。

 

産めるなら産みたい。親になりたい。母親になりたい。

そしていつかお祖母ちゃんにもなりたい。

 

ダメならダメで別の人生を考えなければならないときが来るかもしれない。

でもそれまでは、まだ、がんばりたい。

 

 

久々の更新が、やはり暗いウジウジブログになってしまいました。

前向きなことも書こうと思ってたのに、書いてるうちに…何故こうなる(T^T)

 

サボってる間に色んな事がありました。

書きたいことはまだ山のようにあります。

 

不妊治療の先生とケンカした話、

2度目の稽留流産手術で入院中にあった出来事、

不妊治療で知り合った女性との話、

バイト先の女将さんに孫が出来て精神的にきつかった話、

あとは加圧トレーニングの話とか。。。

 

また今後書きます(^_^)

 

精子の質を改善。そして人工授精へステップアップ

 

不育治療、不妊治療を始めてから1年がたちました。

最初は妊娠できていたので、不育症と思っていたのですが年齢とともに妊娠自体しにくくなってしまい、今は不妊治療という形ですすめています。

何度かの化学流産と、完全流産、稽留流産、そして掻爬手術。

流産はしたものの、まだいくらかは期待できていたのに今は可能性が下がる一方で不安です。

ただ、私の身体的に問題があるわけではなく、ネックなのが年齢です。

最初は私に問題がないのならご主人のほうかもしれませんと言われ、旦那の精液検査をして、「決して良いとは言えない」という結果から、ネバネバ系の食事を増やし、サプリも色々試してみました。

 

マカ、亜鉛、イチョウの葉、オクラ、山芋、アーモンド、クコの実。

サプリは毎日空腹時に飲んでもらっています。

オクラと山芋は刻んで、キュウリなどと一緒に、麺つゆマヨ、ゴマ、鰹節などとあえて一品足して出してます。

アーモンドとクコの実は適当に刻んで、炒めものや、あえ物に混ぜて出してます。

 

これを続けたところ、

 

 

 

 

精液量 0.7cc→1.2cc→2.4cc

濃 度 2000万→5000万→7000万

運動量 10%→40%→60%

と改善の兆しを見せてくれました。

f:id:yorugatamuhi:20150620192534j:plain

 

運動量と濃度はクリアできました。

でも精子の量は日本人の平均は3.5cc~5ccだそうなので、まだですね。

もっと研究して改善したいと思います。

ただ、人工授精する場合は精液を洗浄、濃縮して質を高めてくれるので今の状態でも悪くはないと先生はおっしゃってくださいました。

 

旦那はけっこう協力的で、わたしが「金冷法」が良いらしいよと伝えると

最近は湯船には入らずシャワーのみにし、最後に冷水で「グオー!!」と耐えながら冷やしてくれているそうです^^;

 

 

 

このブログを数か月さぼってる間に、数回のタイミング法と二度の人工授精を行い、結果はダメで、先日3度目の人工授精を行いました。

3回目の時が精子の質が一番良かったので、少しだけ期待してます。

 

最初は旦那の精子が原因では?と思っていたのですが、先日べつの先生に

「ご主人の精液は数値的に人工授精なら問題ないので卵子の質が悪いのでは」
というようなお言葉をいただき、私のほうも、葉酸、マカ、ミトコアなどのサプリを飲みつつ、豆腐や豆乳を食べ、酵素を取り入れるためにドライフルーツなどを食べたり、体を温めるように気を付けています。

あと1か月前から体を冷やすカフェインは一切やめて、タンポポコーヒーや、カフェインレスコーヒーにしました。

 

お風呂の湯船に入るのは好きじゃないけど、10~15分ほど浸かり漫画を読んで耐えてます。そしてホットパッドというレンジで温める保温のものでお腹を温めてます。

お腹を温めると卵子の質が高まるのと、子宮内膜の厚みが増すらしいです。

でも、卵子の質を確認する方法は無いらしく、結果論で「妊娠出産できたから良い卵子」「妊娠できなかった、流産したから良くない卵子」と後付するしかないんだそうです。

 

最初のころは内膜が7ミリくらいで「少し薄いね」って言われていましたが、お風呂&ホットパッド&ノンカフェインを続けた結果、今回は8mmと言われ、「基準値は越してるのでそれほど問題じゃないでしょう」と言われました。

でも、まだ厚いとは言えないので頑張りたいです。

 

今回の人工授精がだめだった場合、いよいよ次は体外受精へステップアップとなります。体外受精を受けるには夫婦で説明会へ参加するのが原則なので予約を入れました。

できれば自然妊娠に近い人工授精で妊娠したいけど、ここまできたら覚悟をしたいと思っています。

 

まとめ

●旦那は精子改善
・金冷法
・マカ
亜鉛
・イチョウの葉
・アーモンド
・クコの実
・オクラ、山芋

●わたし

葉酸
・マカ
・ミトコア
・豆腐や豆乳
・野菜やフルーツなどで酵素
・ホットパッド
・湯船に10分以上浸かる

最初のタイミングは失敗でした

 

2/15 生理開始

2/19 クロミッド錠50mg 服用開始(5日間)

2/28 精液を提出→精液検査

    排卵日の前の筋肉注射HCG 

3/1 タイミング

3/3 高温そう2日目 デュファストン錠5mg 服用開始(10日間)

 

クロミッドの副作用?

だるさと下腹部の張りのような者を感じた。

精液検査の結果は、少し運動量が少なく元気がないとのこと。

その日の体調にも影響するので、もう一回検査しましょうと言われました。

 

 

排卵前の筋肉注射は、ネットで調べると相当痛いと書いてたので覚悟して望んだのですが、刺さってることも分からないほどで、看護師さんが神がかり的に上手なのか、私の脂肪が厚いせいなのかは謎です^^;

ただ、看護師さんには『相当痛いはずなんですけど…』と不思議がられたので私が鈍いだけなんですね、、たぶん、、、

 

 

 

 

 

 

精液検査の結果を踏まえ、旦那の食事改善とサプリ服用。

納豆・山芋・オクラ・なめこ・ワカメなど精子に良いとされるものを積極的に取り入れる。

亜鉛・ビタミンのサプリを飲む。

これで次回の検査がクリアできると良いのですが.....。

 

デュファストンを飲んでるとき、本当に体がだるくて、何もやる気がしないし眠いし顔はむくむし、バイトに行くのが大変だった。

本当に薬の副作用なのか、自分のメンタルの問題なのかは分からないけどキツかった。。。。

 

 

 

 

 

 

結局予定通り(?)に生理が来てしまい、今回はダメでした。

次のタイミングまで、食事改善などで整えて待ちたいと思います。

 

不妊治療までして子供を授かろうとするなんて、本当に子どもがほしいのか

もはや意地になっているだけなのか?自分でもわからなくなります。

 

ただ、ふとしたときに見かけた赤ちゃんや親子の姿を

昔のようにほほえましく見られなくなっているような気がします。

知人に赤ちゃんの写真を見せられて、「かわいいね~!」と言ったのに

「あ、なんかごめんねっ!」と謝られ、虚しい気持ちになりました。

このカサカサしたした気持ちは子供を持てば変わるのでしょうか?

それとも、このまま夫婦二人で生きて行っても、いつかは変われるのでしょうか?

漢方を一旦やめ、不妊治療へ...

 

先日より漢方を飲んでいたのですが、これといって変化はなく

金額も1ヶ月で3万円ほどと高いことと、何よりネックだったのが

漢方医からの電話攻撃、、、、これがきつい。

 

『体調はどうですか?良くなりましたか?』

『何か変化はありましたか? あるはずですよ?』

『よく考えてください!少しくらいは変化したはずです!』

『自覚がないだけですよ!変わってますよ!』

 

漢方を否定するわけじゃないけど、運悪く出会ってしまった漢方医が

押しつけがましいタイプの人だったので、イメージが変わってしまいました(><;)

とりあえずお世話になってる病院での診察の予定もあり、もろもろ相談することに。

と言うわけでいったん漢方は中断します。

 

そして病院へ。

 

 

 

 

これまでの経緯と基礎体温、現状の様子や漢方のことも含め相談。

 

稽留流産、掻爬手術から1年たつのに妊娠すらしない状況を踏まえ

年齢的に時間も無いし、悩んでないで先へ進みましょうと言うことになり

不育治療から不妊治療へと移行する形になりました。

 

不育検査の際に行った検査は、不妊検査と同じなので、そこは飛ばし、

旦那の協力のもと、精液検査とタイミング指導から始めることに。

 

まず

精液検査、精液を提出

内服薬 クロミッド錠50mg 生理開始日より5日目より5日間服用。

次回診察日(排卵日の前)に 筋肉注射HCG

内服薬 デュファストン錠5mg 高温そう2日目より服用。

 

という流れになります。

これを2〜3度チャレンジし、ダメな場合次のステップへ。

 

次のステップとは人工授精です。

どうなるか分かりませんが希望を持って頑張ってみようと思います。

 

 

 

稽留流産、掻爬手術からもうじき1年

昨年の稽留流産、掻爬手術からもうじき1年です。

不育治療を考えて、有名病院2件を受診してみたものの、どちらの結果も[問題なし]でした。

問題がないということは、治療できないということで、結論から言うと確率の問題なので運が悪いだけといわれました。

 

不妊不育の検査後は妊娠しやすいと言われ期待したのですが、流産どころか妊娠すらしなくなってしまいました。

 

いろんなサプリを試したけど何の変化もなく、ホルモンバランスが崩れたのか、体重は増え、運動しても減らず。。。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、何もせずにじっとしているのは時間の無駄なので、漢方医に相談することにしました。

 

漢方の先生に今までのいきさつを話して相談しました。

 

●何度か流産していること。

●掻爬手術以来、妊娠すらできないこと。

●流産のたびに体重が増え、痩せられないこと。

●その他、腰痛、喘息、じんましんなどアレルギーや体質など。

●胃が弱い、冷えやすい

 

相談の結果、処方していただいた薬は

 

◎フラーリンA(冷え、胃痛)

◎パナパール(ホルモンバランスを整える)

◎ヒューゲン(喘息のくすり)

 

◎フラーリンL(冷え、疲れ、虚弱)

↑ これはフラーリンAが終わったら飲む。

 

いま飲み始めて3日目ですが、どうも最近眠いです。

これはヒューゲンの副作用なのかなあ???

 

とりあえず1週間くらいしたら先生に報告するように言われているので眠気のことも言ってみようかな。

 

 

 

 

 

 

先生から注意された点で、自分の生活で反省するべき点がいくつかありました。

 

健康のために生野菜を食べるよう心掛けていたのですが、ただただ体を冷やしていたんですねー

とりあえず今はサラダを中止して温野菜にしてます。

冷蔵庫から出した物は常温にしてから食べる。

飲み物は白湯にする。

足を冷やさないように靴下をはく。

あとはお風呂にじっくりつかること。

最低30分はお湯につかるとか、私には無理すぎです^^;

いつもは10分くらいで疲れる&飽きちゃうのでスマホでテレビを見ながら30分を耐えるようにしてます。

 

これで体質が改善されて冷えが治ればいいなあ。

太ったのも痩せにくいのも妊娠しにくいのも

まずは冷えを直さないと改善されないと言われ、少しホッとしました。

鳥の卵は温めないとかえらないのと同じで、人間も冷えたら卵が育たないんですよと言われ、妙に納得しました。

ついでに体重も元に戻るといいなあ。。。

 

 

不育治療の予約。通院が待ち遠しい。

先日の日記にも書きましたが、稽留流産の手術での点滴麻酔で

手の甲に刺した針が原因と思われる血管の腫れですが

まだ少し腫れてはいるモノの、ずいぶん改善し、痛みもひきました。

触るとまだコリコリしてるけど、じき治りそうでホッ…

 

 

手術後の出血は15日に止まったので、約3週間かかったことになるかな。

そして、そろそろ不妊、不育治療の専門医への予約を入れようかと。

 

 

妊娠時に通院していた病院(手術した病院)の先生に相談した所、

私の中での第一候補の病院への紹介状を書いて頂き、予約の時期については

術後1回目の生理が始まって、生理が終了した頃の予約で良いんじゃないかと。

 

 

今は6月の予約日が待ち遠しい。

 

とりあえずそれまでに自分で出来る事は?  体質改善くらいかな。

前にも書いたチェストベリーのサプリメント、チェストツリーを再開。

不育治療も大事だけど、まずは妊娠しやすい体を目指したい。

 

 

 

 

あとサプリ以外で始めたのが『ルイボスティー』です。

 

ルイボスティーは豆科の低木で、南アフリカの先住民の間で親しまれ、

「不老長寿のお茶」として、飲まれ続けてきたそうです。

 

このルイボスティーも、不妊に効果があると言われているらしい。

ルイボスティーに含まれるポリフェノール活性酸素の増加を防ぎ、

卵子の老化を食いとめ、妊娠しやすい状態にしてくれるそうだ。

 

他にも、安眠効果、ナトリウムイオンによる夏バテ効果、

腸内環境を良くする便秘改善効果、活性酸素を除去する「SOD様酵素」によるアンチエイジング効果も期待出来るらしい。

だから私だけじゃなく、旦那にも飲ませてあげようと大量購入しました^^;

 

しかもノンカフェインなので妊娠中や乳幼児にも良いらしい。

妊婦さんでも飲んでる方が多いそうだ。

 

同じく不妊に効くと言われているタンポポ茶も気になるので

購入してブレンドしてみようかなあ??

 

あと、妊婦さんに良いと有名で厚生労働省も推奨している『葉酸』。

ほんとうは妊娠する前からの葉酸のサプリの摂取の方が効果は大きいそうだ。

 

ルイボスティー、チェストベリー、葉酸を飲みながら予約の日を待つ事にします☆

今月は予算が厳しいのでタンポポ茶は来月の購入にします〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

サプリもそうですが、今後の診察や治療費、出費がかさみそうです。

電話した病院は、大体どこも初診で3万くらいはみたほうが良いと言われました。

せっせとバイトに励みます。。。。